記事によると(時事通信より)

【ロサンゼルス時事】米カリフォルニア州南部オーシャンサイド市の高速道路で21日夜(日本時間22日午後)、日本人留学生8人が乗った乗用車が電柱に衝突し、3人が死亡、5人が重軽傷を負った。
 在ロサンゼルス日本総領事館などによると、死亡したのは車を運転していた19歳の男性ら3人。負傷した5人は病院で手当てを受けているが、いずれも命に別条はないという。8人は同州サンディエゴ近郊のパロマー大学の1年生。
 車は車道を外れて道路脇の電柱に激突した。電柱が横倒しになるほどの衝撃で、3人とも即死状態だった。事故当時、定員オーバーで一部の人はシートベルトをしていなかったとみられる。地元警察が詳しい事故の状況や原因を調べている。



だそうだ。

これは日本でも起こりうるし、たまたま場所がアメリカだったわけだが

アメリカの高速道路というのは日本と違って驚かされる。

記事にもあるように、高速道路の脇に電柱があるし、それどころか民家もあるし、歩道もある。

このような、日本だと農道のようなところが制限時速100キロほどもあるのだ。

日本だと考えられなく、アメリカと日本の道路は完全に違うものだと認識しておかなければならない。


また、アメリカはカリフォルニアのほうは鉄道網が発達していないので、車がないと不便なところもあるので、今回車を使っていたのは何ら不思議ではない。


それよりも問題は定員オーバーだろう。

これはアメリカ日本関係なく、事故当事者の責任ではあるが。